診療設備

たつみだいMM泌尿器科ではていねいな問診とわかりやすい説明を心がけております。

IMG_2390

正確で迅速な診断を支える、最新式の医療機器をご紹介します。
● 尿流量計

DSC03574
待合室のトイレはだれでも使える尿流量計付きですので、ボタンを押すだけで尿量、尿の勢いなどが自動で計測され、プリントアウトされます。尿検査のカウンター小窓もありますので、プライバシーを保ったままおひとりで検査することができます。プリントされたデータと問診だけで局部の診察が不要な場合もあります。

● 超音波エコー装置

DSC03562
最新式のAloka社製の超音波エコー装置を備え、3種類のプローベを用いて、前立腺がんや尿路結石症、膀胱がんなどの診断を迅速かつ正確に行います。

● 内視鏡装置

DSC03559
オリンパス製の最新型内視鏡装置では尿路内の病変をモニターを通して患者さまと確認しながら診断していきます。内視鏡手技においては、患者さまの痛みや苦痛の軽減に最大限の配慮を尽くすことをモットーにしております。

 

● 透視装置付きレントゲン装置

DSC03555
カテーテルを用いた 尿路造影検査による尿路上皮腫瘍(腎盂・尿管腫瘍や膀胱腫瘍)の診断はもとより、エコー検査では見つからない細かな尿管結石などの診断確定に有用です

● 血液検査

DSC03568

前立腺がんの指標となる腫瘍マーカーPSAをはじめ,血液検査および尿検査はほぼ自院で行うことができ,診察時間内に結果をお知らせ,説明することができます.

● 電子カルテ・DICOM画像診断
電子カルテと画像診断情報の連携PACSにより、患者様をお待たせすることなく、すべての診療情報を一元管理し、正確で迅速な診断を心がけていきます。